企業の性質に合った貸工場をセレクトし手順を踏んで借りよう

生産在庫管理に必須

工場

場所が必要

服飾を作るのにも裁縫する場所が必要になりますし、物を作るのには機械が必要で、機械で作業するためには作業場が必要になります。どのような会社を設立するにしても、事務所以外に広い場所が必要になるのであれば貸工場を借りることを検討しましょう。
大阪には様々な企業が自社で工場をもっていますが、多くの企業が貸工場を借りています。借りるにはどうすれば良いのかを把握しておくべきです。

目標を設定する

いろんな設備がついている、新しいなど、様々な工場の良さが探しているときには見つかるはずです。しかし、漠然と探していても理想の貸工場を大阪で見つけることはできません。
大阪に貸工場が少ないということではなく、目標を明確にしなければ合う工場が見つけられないということなのです。
予算を明確にしておき、輸送の面ではどんな条件が良いのか、考えた上で条件を絞り込めば、すぐに見つけられます。

マッチングをしてもらう

貸工場が大阪に多くあるとはいえ、それを経営者一人で見つけようとするのは無謀です。物件を貸したいという人と借りたい人を結びつける不動産業者があるので、そこにマッチングを頼みましょう。
気になる物件の条件を伝えておくことで、情報を教えてくれて内覧の手はずを整えてくれます。

人気の貸工場の種類

no.1

大型車が入れる工場

工場で作った製品を運ぶとなったときには、大型の車が搬入のために出入りすることになることが多いです。そのため大型車が入りやすい立地の工場は一番人気があります。屋根もついていると雨の日でも搬入作業が行ないやすいです。

no.2

築浅の工場

やはり新しいところは住居と同じく人気です。しかし、こういった築浅の物件は賃料が公開されていないことも多いので気をつけましょう。まだ建設中のところもありますが、新しいスタートを切るためにはぴったりと感じる経営者も多いです。

no.3

クレーン付きの工場

倉庫や工場では大きな荷物が行ったり来たりするので、クレーン付きの工場があればすぐに予約が埋まってしまいます。準工業地域にはこういったクレーン付きの物件が多いですが、借りるときはしっかりクレーンの状態もチェックしましょう。

広告募集中